MENU

プリマハムシーズンノート

茎は捨てないで!ブロッコリーの美味しい食べ方

サラダや炒め物、スープなど、さまざまな料理に使えるブロッコリー。お弁当に緑を添えたいときにも便利ですよね。

通年出回っているのであまりイメージできないかもしれませんが、ブロッコリーの旬は冬です。11月ごろから3月ごろの寒い時期が美味しいとされています。

皆さんは、ブロッコリーを料理に使う時、茎はどうしていますか? 茎もちゃんと食べられることをご存知でしたか?  

ブロッコリーの茎は、普段よく食べるつぼみの部分に比べて味わいは淡泊です。その分、クセが弱くいろんな野菜や料理に合わせやすいのが特徴。茎の部分は皮が厚いので、包丁でそぎ落としてください。また、根元に近い部分も固いので、ここは食べることをおすすめしません。

皮をむいたあとは、人参やジャガイモと一緒に乱切りにしてゴロゴロ野菜のスープにしてもよし、せん切りにしてきんぴらにしてもよし、薄切りにして塩もみし、浅漬けなどにしてもいいですね。

新鮮なブロッコリーの選び方は、まずつぼみをチェック。ギュッとしまっているものが新鮮な証拠。それから色。緑色が濃いものを選びましょう。こういうブロッコリーは味も濃く、食感もいいですよ。

ブロッコリーは、意外と傷みやすい野菜です。冷蔵庫に入れていてもつぼみがどんどん開いてきて、色も悪くなってきます。もし買った当日に料理に使えないようなら、小房に分けてから茹でて、冷凍ストックしておきましょう。

冷凍ストックするときのポイントは、①茹で時間は短めに(少し硬いくらいでOK)、②しっかり冷ましてから密閉袋に入れて、袋の空気を抜いて冷凍する、③使う時は凍ったまま沸騰した湯に入れるか蒸す、の3つです。自然解凍するとべチャッとして食感が悪くなるので、凍ったまま再加熱しましょう。そのため、ストック前にしっかり茹で切るといざ食べる時に加熱しすぎになるので、短めに茹でることが大切です。

ブロッコリーとよく似た野菜にカリフラワーがあります。最近では紫やオレンジなどカラフルなものをよく見かけるようになりました。いずれもアブラナ科の野菜でキャベツの仲間です。一見すると、それぞれ色や形が違うのですが、葉っぱはよく似ているんですよ。お子さまと料理をするときにでも、そんな豆知識を交えながらいろんな野菜についてお話してみてはいかがでしょうか?食への関心を育てることにつながるといいですね。

ブロッコリーを使ったおすすめレシピはこちら

メールマガジン

メールマガジンご登録はこちらから

「メルマガ登録」ボタンを押すと、登録画面が開きます。

メルマガ

「meatstudio@primaham.co.jp」を受信出来るようにしてください