MENU

プリマハムシーズンノート

マラソンの季節です!

2月、3月は一年のうちでも一番マラソン大会の多い時期だそうです。冬のさなかに寒いと思いきや、ランニングをしていると身体の中から温まってくるので寒さはあまり感じないようで、実際、フルマラソンで一番速いタイムが出やすいのは気温が6〜7度だそうです。

日本での第一回のマラソン大会は1909年神戸市で行われた「マラソン大競争」で当時は約32kmのコースでした。それから1912年のオリンピックのストックホルム大会に初めて日本人として金栗四三(かなくりしそう)選手が出場したのを端緒にマラソンは日本人にとって馴染み深く人気のあるスポーツとなっています。

最近のマラソンブームは2007年の第一回東京マラソンがきっかけだったのですが、それから10年以上経ち、現在では大小合わせると年間で2800以上のマラソン大会が行われており、当時から3倍以上も増加しました。毎週末、日本の50箇所以上の場所で開催されていて、もはやブームというより、文化として根づいてきたと言えるかもしれません。

長距離を走れることは素直にすごいな、と感心するのですがいざ自分が走るとなると尻込みをしてしまう人も多いのではないでしょうか。マラソンをやっているお友達たちにどうして長距離走るの?と聞いてみるとみんなの答えは、「走っていると、気持ちがいい」「ストレス発散になる」「ダイエットになる」「走っていれば、食べたいものを食べたいだけ食べられる」といった理由が多いようで、美味しいものを好きなだけ食べられるなんて、なんだかいいことづくめですよね。え?そういうことではない?そうですよね、きちんと走ってからの食事です。わかってはいるのですが、なかなか運動を始められないのはご愛嬌でしょうか・・

冗談はさておき、健康促進という意味では適度な運動はとても大切ですよね。考えてみれば走るということは「運動靴」と「道」さえあればできるので、最も手軽な運動であると言えるでしょう。最近では旅先で走る「旅ラン」や出張先で走る「出張ラン」なる言葉も出てきているようで。確かに知らない場所や街を観光がてら走ることは楽しそうですよね。ランニングはちょっと・・という方はウォーキングでも効果は大きいようですので、少し長めの距離を歩いてみるのもいいかもしれませんね。

来年はいよいよ東京オリンピック。今からオリンピックに向けてスポーツが盛り上がっていく中、みなさんも適度な運動としてランニングを始められてはいかがでしょうか。

メールマガジン

メールマガジンご登録はこちらから

「メルマガ登録」ボタンを押すと、登録画面が開きます。

メルマガ

「meatstudio@primaham.co.jp」を受信出来るようにしてください