MENU

プリマハムシーズンノート

バレンタインデー

バレンダインデーはがいっぱい

今年もやってきました。女性が男性にチョコレートを贈る年に一度のお祭り……2月14日(水)はバレンタインデーです。
知恵者というのはいるもので、贈るチョコに「本命」、「義理」と命名し、このお祭りにいっきに勢いをつけました。
最近は「友チョコ」とか、男性が女性に贈る「逆チョコ」などというのもあるようで、こうなると何がなんだか混乱しますが、いまやバレンタインデーは全員参加のがいっぱいのお祭りなのです。
この時期、デパート、スーパーはもとより、小さなコンビニの店頭でもチョコレートが大きなスペースを占拠し、それぞれ意匠をこらして、懸命に自己アピールをしています。そんなチョコレート売り場を巡ってみるのも楽しいものです。
包装で正体が見えてないものはともかく、並べられている一粒一粒は色とりどり、形もさまざま、さながら宝石のようで、贈る相手が思い当たらないまま、つい財布の紐をといてしまいそうになります。
色はいろいろあっても、チョコのかたちは、やはりが目立ちます。バレンタインデーというのは本命であれ義理であれ、贈る相手に自分なりに心を伝える儀式ですから、これは当然といえましょう。
それにしても、形の一粒のチョコの装飾がまたこっています。
いかにも日本の職人らしい繊細さで、絵、文字、花、果実などで小さな粒があざやかに飾られているのです。
ほんと、食べてしまうのがもったいない出来栄えです。

いまや、バレンタインデーはすっかり私たちのなかで定着したようですが、そもそもバレンタインデーとは? そう問われると、「えーと?」と思わず首をかしげる人も多いでしょう。
バレンタインデーの歴史は古く、西暦269年にローマ皇帝の迫害によって殉教した聖バレンタインという人物に由来する記念日だと伝えられています。
当時、ローマ皇帝は兵士の士気がさがるとして兵士の結婚を禁じていました。それに対し、兵士たちを哀れんだ聖バレンタインは、兵士たちの恋を成就させ、こっそりと結婚式を挙げさせたといいます。それが皇帝に知られ、聖バレンタインは処刑されたのです。そのことを記念して、2月14日が恋人たちの愛の誓いの日として祝われるようになったというのが一般的な説のようです。
さて、「バレンタインデーが終わったらホワイトデーよ。忘れないで!」そんな声があちこちから聞こえていますよ。

メールマガジン

メールマガジンご登録はこちらから

「メルマガ登録」ボタンを押すと、登録画面が開きます。

メルマガ

「meatstudio@primaham.co.jp」を受信出来るようにしてください